ガラクターの模型ブログ

ゾイドとかアーマード・コアとかマブラヴとかガンダムとかフレームアームズとか         https://twitter.com/garakutah

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブロックでロボをつくろう!!的な本

ちょっと気になった本があったので
とらさんで注文してみました

その名も『ブロックでロボをつくろう!!小型ロボ編2』
IMG_1177.jpg
IMG_1195.jpg

その名の通り表紙にあるようなオリジナルのロボットの作り方解説本です
作者はZizyさんていうレゴ界では有名?らしい人です

少ないパーツでメカニカルなデザインラインを構築する技術!
この小型ロボ編ではなんといってもホバー脚やタンク脚の作品が
載っているところが特筆すべきところなのです
そのセンスはLEGO者だけでなく模型者、とくにFA製作にも大変参考になるものではないでしょうか


実はブログ主もLEGO少年だった時期があったりします
メインで収集していたのが宇宙シリーズ
たしか赤の軍団と緑の軍団が戦争してて途中から青の軍団が参加してた時期だったと思います
当時はサイドストーリーもなかったですが
なんとなくSF的なものとミリタリー的なものの魅力を感じたのだとおもいます
しかしいかんせん 800円のおこづかいではLEGOは高すぎた・・・


そんなこんなで模型製作やFA製作にも参考になるかもしれない本ですので
この表紙にキュンときたらチェックしてみてください


スポンサーサイト
  1. 2013/10/16(水) 23:16:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マブラヴオルタネイティヴクロニクルズ04

というわけでマブラヴオルタネイティヴクロニクルズ04(長い
プレイしましたー

今更ではありますがネタバレ含感想なぞ

IMG_1150.jpg
箱が小さいのはありがたい
中身はハンター大隊章と副読本
副読本はなかなかの資料性
IMG_1168.jpg

今回は
TDA、ラストダイバー、ウォーアンサンブルの順番でやりました
この順番が大きな間違いだったとは・・・


まずTDAですが日米・フランスカナダ戦争~JFKハイヴ攻略戦までですね
ポイントとしては主人公響が黒武とどのようにかかわるか、ですがなかなか
バランスがよいまとめ方だったのでは?最後の共闘とかはアツかったですしね。
次のエピソードでは響と黒武との対決になるかといったところが注目です


演出面ではちょっと過去作と比べても紙芝居っぽいシーンが多かったものの
戦闘シーン自体多かったからしゃーないかなー、と
でもM2ブラッドレーとか新規作画がメチャかっこよかったからよしです
フランスもルクレール?とか活躍してたのがいい感じでした


そういえば響が操縦技能がショボイからTDAはダメって評する人がいるようですが
その論調には全力で異を唱えたい!
わかってねえよクソ最強厨共!
といってさし上げたい!
TDAのキモはただの魚屋の息子で操縦技能も並な響が
ここぞというところで度胸を見せるってところなので
「ヤベエ、こいつら全員オレより上だ!」だっけ?
ていうセリフをわざわざ入れた意味があるっていうものです


また、個人的にセカイ系のシーンもよくできていて
特にバビロン作戦当時の謎が駒木ちゃんから明かされるシーンが
一番ドキドキワクワクしました


よくないシーンとしてはやはり大陸横断の真実で
中尉は間違っている→ホントは柚子が殺した
食料はどうした→保存食を隠していた
って、散々引っ張っておいて何じゃそら!!といいたくなります
大人の事情かしらんけど、
姿勢の問題でね、ageには攻めの姿勢でギリギリの描写をして欲しかった・・・
いやまあ「ハラへってない」は泣きましたけれどね


とまあよくないところもあったけどスゴクよかったとおもいますよ



次にラスト・ダイバーですね、
リーナちゃんかわゆす!!
以上


最後にウォーアンサンブルですが
めちゃくちゃおもしろかった!!
これこそマブラヴオブマブラヴ
と言っても過言ではないとおもいます!!
1998年8月あたりの日本が舞台の歩兵と機械化歩兵のストーリーです
てか思いの外結構なボリュームで2~3時間くらいはありました

特に前半部分のキャピキャピした女子高生が
可憐に地球外生命体に立ち向かうところとかすごくワクワクして
こうゆうのはやっぱりマブラヴならではだなーと思われます
三つ編みメガネの横山さっちゃんが(・∀・)イイ!!

後半は、うーんおもしろかったけどやはり前半のパワー
にはちょっと負けてしまうかな-
展開的に『そこでPTSDとかないわー』って感じでした

全体的に原画を虚祇凉(るーしんといいどうして読めない名前ばっかり・・・)
が担当しており結構一枚絵も強化されています


総評としては非常に楽しめたので
買う価値はあったと思います。
次作も期待っ☆





  1. 2013/10/14(月) 22:34:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

,

  1. 2013/10/08(火) 20:41:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ガラクター

Author:ガラクター
プラモデルなどを作っとります
ゾイドをメインとして、戦術機、アーマードコア、ガンダムなど雑食やってます
バシバシまったり活動できたらとおもいますのでぜひごひいきに!!( ´_ゝ`)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (126)
小技小ネタ (4)
ダークホーンWGC (1)
PLUMシルフィード (1)
HMMライガーゼロ (1)
コマンドウルフ市街地戦 (3)
光装甲☆フラジール (2)
HMMライガー00SC (3)
FAフレズヴェルク (3)
FA輝鎚 (3)
ACクレスト拠点防衛型 (2)
ACVIAGNI (2)
FA榴雷改 (1)
HMMグレートサーベル (1)
FA金剛 (1)
FAせんとくん (1)
ズベズダT-90 (1)
ACVIヴェンジェンス (2)
FAラピエール (1)
HMMジェノザウラー (2)
TSF不知火 (1)
FAグライフェン (2)
ACVIハングドマン (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。